« 亜細亜見聞録 | トップページ | ちょっとした幾つかの事 »

片付けてたら出てきた物 カセットテープThat's編

Suono
雨漏り工事で片付けをしたら、カセットテープが沢山出てきた。
少々記録メディアフェチの気があったりするので、
その昔大量に買い込んで仕舞っていたヤツらしい(汗。
で、今回は今は有名になったThat's編。
写真はジウジアーロデザインのメタルテープ「SUONO」。

SUONOは当時最後発でカセットに参入した太陽誘電の
一発逆転を狙ったハイエンドテープ。
デザインもハーフの材質も斬新、タイプもメタルのみと
もの凄く当時としては気合の入った一品でした。
ただ個人的には、当時各社がリーダーテープに
ヘッドクリーナータイプを採用していたのに
なぜかThat'sは全て普通の透明タイプだった事に
激しく萎えた覚えがあります。
SUONOはもっと沢山有ったはずなのですが、
何故か写真の数しか見つからず・・・何故?
Thats1
これはThat's基本の三角窓シリーズ。
最初に出たのがMR-XPとあるシリーズで(写真はメタル)、
TYPE1/2/4があったはず。
その次が若干カジュアルに振ったCDシリーズ。
その後にカジュアル向けのph(ペーハーと読む)シリーズ
が発売されたはず。
Thats2
これはphシリーズの後期モデルチェンジタイプ。

Thats3
これはCD SUONOシリーズとCD SUONO FORMATシリーズ。
発売順は上左上下のCD SUONOシリーズが
SUONOの廉価版の形で出て、
その後右上のCD SUONO FORMATシリーズが
カジュアル方向に振った形で発売。
さらに右下と下の薄型ケースになってもっとカジュアルになった
CD SUONO FORMATシリーズが発売されたはず。

Thats4
このOWシリーズは新規金型の新ラインナップ。
カジュアル、特に女性ユーザー向けを狙っていたはず。
上左2つが初期ラインナップでハーフが透明。
右上のメタルのみ別扱いでハーフが不透明で窓タイプ。
右下と下の2つは後期スリムケースタイプ。
中身はどうも同じの様。

Thats5
HHシリーズは一時期はやった
メタルテープの素材でハイポジで使えるタイプ。
カジュアル向けでハーフはOWタイプ、ケースはスリム。
asシリーズは実は余り記憶に無かったり・・・(汗。
OWのハーフの派生品っだったような・・・。

Thats6
That'sだけで未使用がこんなに・・・。
ほかに使用済みも大量にあったりする(汗。

他メーカもあるので、気が向いた時にやります。
(いや、だって仕舞ってあるの出すの大変なんですよ)

|

« 亜細亜見聞録 | トップページ | ちょっとした幾つかの事 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

当時のオーディオテープを知る人にとっては、今やCD-Rの開発メーカーで書き換え型光ディスクの国内製造メーカーとして生き残っているなんて感慨深いと思います。

投稿: RERA | 2015年7月25日 (土) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片付けてたら出てきた物 カセットテープThat's編:

« 亜細亜見聞録 | トップページ | ちょっとした幾つかの事 »