« BMW motorrad K1300R | トップページ | K1300Rリアハガーとオイルクーラーガード装着 »

仕事場PCオーディオWin8.1とKabiniで作ってみた その1

Mbcpu
仕事場PCオーディオのMac miniが仕事に取られ(汗
作業兼ゲーム用Win機でお茶濁しで聴いていたのだが、
やはり厳しいものがあり、なんとかせねば!
と思っていたところ、Socket AM1のKabiniが発売。
25wのTDPに惹かれ早速購入(汗。
自分のデスクサイド音楽PCを作ろうと早速行動(汗。

Am1iss

Kabiniは低消費電力という所だけではなく、
APUである事にも結構惹かれたのだ。
詳しい説明は専門のサイトに任せるとして(汗、
結果としてマザーボードの構成がシンプルで
部品点数も少ないということになる。

と、いう事は電磁波的には好条件なのでは?と
考えたわけだ。

そして今回もあまりお金をかけたくないのと
手持ちのパーツで遊んでいるものが多々あるため
それらを活用し、なるべく安上がりに仕上げ、
かつ、色々試してみたい事があったので
その辺りを念頭に入れ色々パーツを選ぶ事に。

マザーは、人気の「ASRock AM1H-ITX」を使い、
ACアダプタ動作で低消費電力動作狙いというところが
本命なのだろうが、あくまでも「音」優先の思惑で
「MSI AM1I」を選択。

理由は「一番安い」(汗。
というだけではなく、やはり余計なものが載っておらず
非常にシンプルな点が個人的には高評価。
「AM1H-ITX」は豪華な分だけ載っているチップも多く、
今回の目的にちょっと遠く、ACアダプタ動作に関しても
「音」優先のとある思惑から今回は見送り。

「AM1I」は消費電力もどうやら一番低いらしい。
MSIは「785GM-E65」もかなり低かった覚えがあるので
なんとなく納得。
しかし、コストダウンのためとはいえ
クイックインストールガイドしか入っていないのは厳しい。
結局サイトからマニュアルをダウンロードする事に(汗。

で、肝心のAPUは、完全に音楽専用に考えているため、
低クロック・低発熱でそこそこの動作という事で
4コア1.3GHzの「Sempron 3850」を選択。

しかし、両方買っても1万円でお釣りが来るというのは
結構凄い感じ。おまけにどっちも小さいため、
お店で袋に入れて渡されても、袋も小さく重さも軽い。
これまたなんだか微妙な気分(汗。

これでメインのAPUとマザーは決定。

今回の狙いは低消費電力、低発熱、対電磁波
をメインにあくまでも音優先で考えるということ。
さて、残りのパーツをどうしようか(汗。
その辺は次回に(汗。

|

« BMW motorrad K1300R | トップページ | K1300Rリアハガーとオイルクーラーガード装着 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事場PCオーディオWin8.1とKabiniで作ってみた その1:

« BMW motorrad K1300R | トップページ | K1300Rリアハガーとオイルクーラーガード装着 »