« K1300Rリアハガーとオイルクーラーガード装着 | トップページ | 仕事場PCオーディオ その2とWindows10 »

CH Precision L1を試聴してみた

L1a
最近X1がちょっと唸り始め、気になっていたため
修理をお願いした。
その際、新製品のL1を聴かせて頂ける事になり、
数時間と短い間だったが試聴する事が出来た。

L1b
ケーブルなどの長さの問題もあり置くところが無く、
D1とスタッキングで設置。
電源はX1をL1に繋いだ方が効果的という事で
D1から外してL1に接続、通常電源の方は
MIMESIS 22Hから外したアレグロを接続。

しかしこうやって見るとCHタワーですな(汗。
地震が怖いのでここまで積み上げたくは無いのが本音。

ブランドが違うとはいえL1とMIMESIS 22Hは
開発者?が一緒なので、いわば兄弟というか
従兄の様な関係になるのだろうか(汗。
聴き比べてみるのは面白い。

単純価格だけで言えばL1は22Hの半額位になるが、
電源強化の意味でX1を奢ると結構いい値段になる。
理想はデュアルモノでL1を2台にX1が最低1台
とするとこれはなかなかなプライス(汗。

時間の無い中の試聴だったため、
本来のポテンシャルが十二分に発揮されたとは
言い難いかもしれないが、その良さは判った。

非常に滑らかでローノイズ、音場が良く広がり
ナチュラルできめの細かい肌触り。
しかし、線は決して細く無く、どちらかと言うと
やや厚めで音が前に出てくるタイプ。
音を分析的に聴かせるのではなく、
自然で音楽を気持ち良く楽しめる感じがした。

この後L1を取り外し、22Hと通常接続に戻して
また聴いてみたのだが、これが全く違う方向で
こんなにも違うものなのかとちょっとビックリ(汗。
うーん、腹違いの兄弟って感じか(汗。

22Hが高級ホテルのチキンコンソメスープだとすると
L1はビーフコンソメスープと言うところか(汗。
判り辛いな(汗。

比較すると22Hはもう少し線が細く、シャープ。
コントラストがやや強め、分解能はやはり高く
全体的に締まった音で、音場はL1よりやや狭いが
スピーカーの奥にフォーカスしピッチリと展開する。
加えて、いわゆるムンドカラーと言うか
高域に僅かに煌めきがある。

どちらもレベルは非常に高いのだが方向が違う、
これは好みの範囲だろう。

ただやはり今回は電源投入して時間もあまり無く
十二分にウォームアップしたとは言い難いため、
また機会があればじっくり聴いてみたいと思う。

|

« K1300Rリアハガーとオイルクーラーガード装着 | トップページ | 仕事場PCオーディオ その2とWindows10 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、McGMと申します。
ブログ楽しく読ませていただき、また参考にさせていただいております。

小生もmimesis22historyを愛用させていただいております。
本文とは少し外れてしまう質問になってしまいますがよろしければ教えて下さい。
22historyは寝起きが非常に悪く音質が安定し本領発揮までは1週間くらい必要だと感じております。ただ発熱(特に本体側)もかなりのものでこれからの季節は頭が痛いのですが、電源は入れっぱなしにされておられますか?それとも聴かない時はスタンバイモードとされておられますか?
突然で申し訳ありません。

投稿: McGM | 2015年5月24日 (日) 19時42分

McGMさま。
最近更新をさぼり気味でお恥ずかしい次第です(汗。
22Hですが、確かに寝起きは悪いですね。
当方のシステムはどれも寝起きの悪い奴ばかり(笑)なのでなかなか困ったものです。
22Hの熱は結構凄いので、やはり気になります。
この位の時期からはエアコン常時オンにしたりすることも多々あります。
しかし、一番怖いのは熱による部品の劣化と思っていますので、その辺りを少し気を使うようにしています。
しばらく聴かない時は当然電源オフ。聴く機会が多い時はスタンバイ中心にし、本格的に聴きたい時は最低でも3~4日以上は点けっ放してコンディションを整えるようにしています。
22H以外もほぼ同様です。ご参考になりましたでしょうか?

投稿: hiro-bo | 2015年5月26日 (火) 03時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CH Precision L1を試聴してみた:

« K1300Rリアハガーとオイルクーラーガード装着 | トップページ | 仕事場PCオーディオ その2とWindows10 »